あまく危険な香り、という連続ドラマ、ご存知ですか?
山下達郎さんの歌が流れてくると、なんともせつなく悲しい気持ちになっていったドラマでした。正直ストーリーはあまり覚えていません。
でも、ときめきやらせつなさやらドキドキやらがいっぱい詰まったドラマでした。
TBS系で金曜日に放送していたドラマです。このドラマのクライマックスに流れるこの曲。そう、あまく危険な香り
この曲が流れると、ああドラマが終わってしまう・・・・・というお名残惜しさとせつなさを感じていたことを覚えています。
続きを読む

山下達郎さんの歌、といえばクリスマス・イブ
ミスタードーナツのCMソングはとても楽しい気分にさせてくれます。
RIDE  ON  TIME は、まさに山下達郎さんって感じ。
あまく危険な香りは、同タイトルの連ドラにもハマっていました。
好きな歌がいっぱいあります。
とりわけ心に響く歌が希望という名の光です。
続きを読む

いつ聞いてもいいなぁ、この歌は、と鼻歌で口ずさむのは尾崎紀世彦さんのまた逢う日までです。前奏、間奏も とてもわかりやすいメロディーだということも、昭和の歌の好きなところのひとつ。
このまた逢う日までの前奏もそうです。この前奏を聞くだけで、すぐにこの歌であることがわかります。「あ、また逢う日までだ」って。
 続きを読む

↑このページのトップヘ